熊野古道なかへち
とがの木茶屋 平安衣装 大銀杏 牛馬童子 野中の清水 ちかの平安の郷
大銀杏 ようこそ中辺路参詣道 English here
 
トップページ
世界遺産・熊野古道
熊野古道・交通案内
古道での休憩と宿泊
きよっぴーイラスト
平安衣装でパチリ
トピックス
中辺路のみどころ
お問い合わせ

私達がご案内いたします

なかへち歳時記
中辺路への交通
和歌山県文化遺産課
わかやま観光情報
田辺探訪
熊野古道レポート
リンク集
 

 


高原熊野神社と霧の里

高原熊野神社 滝尻王子の裏山(剣山)を登って、高原地区へと入って行く熊野古道。

 高原地区の産土神である熊野神社は、高原王子権現とも呼ばれ、熊野九十九王子には入っていませんが、古道に沿う歴史のある神社で、応永10年(1403年)の銘のある懸仏がまつられていることでも知られています。
 桧皮葺の建物は室町時代の様式を伝えていて熊野参詣道のなかで最も古い建物だといわれています。
 境内にある、楠は、樹齢1000年ほどと言われ、神社の歴史を物語っているように見えます。
 ※平成10年2月に社殿の改修が完了しました。



霧の里風景

霧の里外観

霧の里
 その古道沿いを進むと、古道散策者の休憩地区“霧の里”があります。
 果無山脈が一望できる絶景のスポットで、疲れも吹き飛ぶほどの美しさです。
 ここには、売店があり、トイレ、公衆電話、駐車場が完備しています。




(C) Copyrights 2007中辺路町観光協会 All Rights Reserved.
紀伊山地の霊場と参詣道ロゴ